歪みのうちがわ

ぶらぶらしたり、忙しかったりしながら生活しています。

最近の弁当&豆腐ハンバーグがおいしい





おウチに冷凍鮭が大量に届いたので、最近の弁当は豪華


f:id:yasai80831:20220626200145j:image

切り身の鮭は端のすぼまっているほうがこっ

てりして皮目がカリッとしておいしいんだよね

f:id:yasai80831:20220626200113j:image

庭に生えていたしそを合わせてみたり
f:id:yasai80831:20220626200134j:image


f:id:yasai80831:20220626200104j:image

鮭が入るときれいでたのしいな

 


f:id:yasai80831:20220626200559j:image

 

そして今日作ってみた、ツナの豆腐つくねバーグが想像以上においしくておどろいた。豆腐ナゲットを揚げずに焼いた感じ。豆腐半丁にツナ1缶、つなぎに小麦粉と卵だけなのにすごくボリュームが出る。てきとうに入れた椎茸とか人参の食感が程よくて、おつまみにもなりそう。このベースに季節の野菜を入れれば年中色々アレンジして楽しめそうだ。

5月後半のお弁当


f:id:yasai80831:20220530075912j:image

バイト先で貰ったフライドチキンを千切りキャベツ+からしマヨ+白ごまで炒めた。 七味唐辛子かけてもいい。こってり。


f:id:yasai80831:20220530075851j:image
もりもり二色弁当

f:id:yasai80831:20220530075905j:image
あまじょっぱい出汁でたっぷりきのこを炊いたやつが便利。卵焼きに汁ごと入れると味付けそれだけでおいしい。


f:id:yasai80831:20220530075921j:image

母が作ったささみを塩とごま油で味付けして、しそとチーズ挟んで春巻きにしたやつ、おいしすぎ〜… おつまみ味
f:id:yasai80831:20220530075859j:image

みそマヨじゃがしそチーズ焼き。味濃くし過ぎたが、おかずない時たすかる。でっかい梅干し見栄えしてキレイ。

 

f:id:yasai80831:20220530075927j:image

これも隙間埋め用にギョニソとブロッコリーのチーズ焼き。プチトマトをチンすると容器の底にトマトソースの汁ができてて美味しいのです。

 

「liminal space」について



海外を中心に「liminal space」とのネットミームが話題と知る。


f:id:yasai80831:20220522155201j:image

 


f:id:yasai80831:20220522155216j:image
色々あるが、代表的な画像はこういうものである。

 

2019年頃から4chan界隈で話題になり、最近はファウンドフッテージを模した映像やホラーゲーム、音楽ジャンル等「liminal space」を題材にした作品群が続々登場し、ひとつのカルチャーを築きつつあるらしい。

 

「liminal space」とされるのは薄暗いオフィスビルの廊下や無人駅、閑散としたショッピングモール、閉店後のファストフード店幾何学的な設計のプールなど様々だが、共通項は「人が誰もいない」ということ。

これについて多くの人が懐かしさと不安感、既視感と疎外感が同居した微妙な感覚を抱いているようである。

 

家族で行った古い温泉旅館、浴場に行く途中で一瞬だけ見たゲームコーナー。ショッピングモールのトイレから出たらそこにいるはずの親がいなかったときの引き込まれるような不安感。6時間目、体育の授業で誰もいない教室に忘れ物取りに行ったとき時間が止まってるみたいだったこと。こうした個人的な決定的瞬間を切り取ったイメージが「liminal space」として世界中の注目を集めているのはすごく興味深い。

 

 

ちなみに数年前、「夢で行ったゲームセンター」がちょっと話題になったが、これもこの概念に相当するのだろう。

「夢で見たことがある」ネットで話題のゲームセンター - YouTube

 

また「liminal space」は「dream core」というジャンルと並べて扱われることも多く、いわゆる「fever dream」、「熱が出た時の夢」で見る光景ともいわれる。この点でも、「liminal space」と「夢」は文化圏問わず重要な関連性があるようだ。

 

 

ちなみに私がよく見る夢の中の場所はいつまでも終わらない日曜日の午後のようで、どの空間も均質に晴れていて、のどかだ。そして、誰もいない。道路も、スーパーも、学校も、自分の家も変わらずそこにあるが薄膜越しに見たようににぶく霞んでいて、遠い。羊水に浮かんでいるように穏やかなのに、無機質。人類が滅亡した後の静かで平穏な世界はたぶんこういう感じだと思う。

 

夢を見ている最中ではこの特殊さに気づかないけれど、後からその懐かしくて奇妙な気配を思い出すと心臓がふわっと浮き上がるような、不思議な気持ちになる。私はこれを「夢と似た手触り」「間延びした空間」と呼んで、この感じを喚起させる対象を見つけることを密かな楽しみとしていた。

例︰


怖いテレビ局のクロージング集 20連発 - YouTube

 

品質管理用の信号 - YouTube


f:id:yasai80831:20220522165009j:image


f:id:yasai80831:20220522190837j:image

 

f:id:yasai80831:20220522161939j:image

他にも、平壌のハリボテ都市や香港のビル群、日が長い夏の時期の影、映画『インディージョーンズ』に登場する街を模した核実験施設も似た感じで好きだ。

 

元はと言えば、キリコやホッパーなどシュルレアリスムの絵画世界やキューブリック作品における空間も同様の地平を想定している気がする。個人的には、『千と千尋の神隠し』に登場する六番目の駅も「liminal space」に該当すると思う。これらに共通して見られるのは「人気がないこと」「構造的に違和感があること」「見るものの想像をかき立てること」だろうか。そこに自分がいるとして、一体どこまで奥行きがあるのか、どのような空間に繋がっているのか、この先に何があるのか想像すると物凄くワクワクする。それなのに、「二度と戻って来れない」という前提を感じさせる景色だ。


f:id:yasai80831:20220522165958j:image
f:id:yasai80831:20220522170005j:image
f:id:yasai80831:20220522170027j:image

 

これまで、「夢と似た手触り」に惹かれること、外部のイメージに夢の状況を重ねて特殊な感覚を再現しようとすることは自分だけの秘密の楽しみだと思っていたので、こうして一大ムーブメントになっていると知り、あたかも好きだったバンドがメジャーデビューする時のような複雑な気持ちである。しかし、一方で世界中の人間が自分と同様の感覚を同様のイメージについて共有しているということは驚きでもあった。英語圏と日本では文化も環境も異なれば夢に見る光景もそれに対応して違うはず。それなのに、「liminal space」について同じように反応するのはなぜか。

 

これについては、C.G.ユングの「集合的無意識」が思い出される。

集合的無意識とは、個人的無意識の深層にある、民族や文化を超えて共有された無意識領域のことである。そこには、「元型」という神話等に共通して見られる原始的イメージが存在するとして、その「元型」的イメージは個人の夢の中に出現するといわれる。

 

つまり、「liminal space」とはユングのいう「元型」にあたる概念であり、これまで多くの人が漠然と認識していたものの名称化されずにいた部分がこの2010年代後半より、ネットを媒体として急激に表面化したのではないか。

さらに、「liminal space」がインターネットに慣れ親しんで育った若者を中心とするブームなのであれば、それが示す「元型」自体がそもそもインターネットという仮想世界で発生し形を変えて流布しているもので、そのため「liminal space」に対する反応の文化差や地域差が生じない、生じえないと考えられるのではなかろうか。なぜなら、インターネットに発端し、インターネット内で暴かれたものだから。(こうなると、ますますlainっぽい)

 

これは、「vapor wave」に頻用される独特の80年代風アートワークに対して若者が共通して抱くノスタルジアに関しても言えるかもしれない。彼らは、世界のどこかのだれかが作ったダサいCGで石膏像とヤシの木が配置された画像にVHS加工を施した「vaporwaveのイメージ」に対して等しく経験したことのない20世紀を想う。また、今の中高生(2000年代半ば産まれ)はセーラームーンとからんまのセルアニメ画像をして「エモい」と評するが、これも決して経験に基づいて「懐かしい」のではなく「エモい」であることが重要なのだろう。

 

なお「liminal」とは「境界」という意味であり、「境界に位置する場所」というのは非常に的確な表現である。

「あちらとこちら」「意識と無意識」「生と死」「異常と正常」といった近代的な対立項に属さない中間のあわい、「架空のどこか」への根源的な興味やあこがれが「liminal space」の流行に反映されているのかもしれないと思う。これまでの世間が「ハレ」か「ケ」の二元的基準にあるとして、これからはその間のゴチャゴチャした部分やあいまいさに面白さとか豊かさを見出すようになるという時代の兆候であればうれしいことだ。

(※ホラーゲームにしろ、廃病院とか実験施設とか露骨に「あちら側」が演出された舞台設定よりも、どちらでもないからこそいつでも侵食して溶け合う可能性がある「liminal space」はこわい。そもそも境界だから、領域の明確なスイッチが存在しないという不安。)